ローカルパブリックリレーションズからちょっと裏側

PRのやりがいは、取材を通して関係性を深くするということ、そして人が人のモチベーションに反応して何かが変化していくことです。

今夜NHK「みえスペシャル」で、支援先の「いきものクッキー専門店kurimaro」が約25分間放送されます。

密着取材は約1年間されていましたが、ディレクターさんのなかで企画の軸が視えたのが、kurimaroが移転開店した先月。開店前夜の夜中2時のインタビューでした。

この1年間、ディレクターさんとは取材を通してとにかく時間を一緒に過ごし、コミュニケーションをたくさんとり、相互理解が進み、信頼関係が築かれました。

取材を通して、kurimaroに関わる人たちは、自覚と役割意識が深まり、共同体としての絆も増したと思います(正直ここが一番の価値と思っている)

そもそもNHKさんにkurimaroを知ってもらったのは、On-Coに取材にみえた際、お茶請けとして出したクッキーでした。昨夏前の水族館コラボで本格的に密着取材を狙った仕掛けを開始。小さな動きも逐一ディレクターさんへ共有し、臨機応変に伴奏して頂きました(ここらへんはPRスクールやオフ会などで詳しくお話しています)

本物の「可愛い」を追求するkurimaro。
そのモチベーションに巻き込まれていく人たち。
その世界観を表現するために奮闘してくださったディレクターさん。
更にディレクターのモチベーションの連鎖で続々と巻き込まれていく制作のプロたち。

人は人のモチベーションに動かされるということをまじまじと感じるケースでした。

本日19時半からNHKみえスペシャルどうぞご覧ください。そして狙うは全国放送です!

【パブリックリレーションズ:NHKで25分間!kurimaroスペシャルです】

支援先のいきものクッキー専門店kurimaroに、昨年夏前からずっと密着取材をして下さっていたNHKさん。

現在ディレクター始めとする職人さんたちが8名体制で編集中。

照明にもこだわりまくり、なんとクッキーをコマ撮りでアニメーション制作までしたという噂も(ものすっごい愛情かけてくれてる!)

ナレーションには、動物の鳴き真似で知られる声優の麦穂あんなさん(ラブライブにアルパカ役でレギュラー出演)

幼少期から動物好きで、公園でカラスの鳴き真似してたら本物が続々と集まってきたという実力者(動物好き度がkurimaroさんに通じる)

いきものが好きすぎる唯一無二なkurimaroさん。
好きゆえのエネルギーに、どう人が集まって心を奪われていくのか。25分間のスペシャル特集です。

因みに局内にも制作を通してkurimaroに魅了されていく人続出。はまったら「王国民」と呼ばれるらしい(笑)

NHK津Twitterでは、カウントダウンも始まりました。

みえスペシャル「クッキーで動物王国をつくりたい!」
5/21 19:30 NHKにて放送です。

https://www4.nhk.or.jp/P4838/21/?fbclid=IwAR293EwgF76pS6WPKDrfwkyC9ItWICIxWrziCTpc_sxeL2j_WxzkmIVTGNY#20210514


Public Relations:kurimaro

1年程前、移転先を探すところから密着取材に入ってくださっていた中京テレビ報道番組「キャッチ」さん。

前回の放送から約7ヶ月が経ちました。

その後も動きがある度に駆けつけて下さいました。

さかさま不動産を通してあれこれあった頃からの撮影だから、空き家活用を切り口に、移転の裏側などもご紹介あると思われます♪

放送は本日16時40分頃~。
お時間よろしければご覧くださいませ。

※ニュースの影響でリスケになる可能性もあり

PublicRelations:kurimaro

アニマルクッキーからいきものクッキー専門店にスケールアップした「kurimarocollection」
オープンに向けて開催したメディアレセプションは、新聞・TV約10社にお越しいただきました。

本日は朝日新聞に大きく掲載。

いきもの愛そして地域産業・観光のハブとなっていくクッキー専門店。
4月9日開店です!
★kurimarocollection
三重県桑名市北鍋屋町84−1(セブンイレブン向い)
https://cookie-kurimaro.com/

PublicRelations:みんなで公園

公園でやりたい事をやってみて考える「みんなで公園」

パワーワード過ぎるバヌアツから始まり、キッズたち作のブランコが組みあがった時に歓声が起きたり、日本語禁止ゾーンが盛り上がったり、筆談トークノートを観ながらコーヒー飲んだり。

脈絡のない企画たちがほわほわっと同居。

企画者が主役となり、「なぜこれをやっているのか」を話しながら、出会いに繋がっていたのも素敵だった。

当日の様子を中日新聞と伊勢新聞に掲載いただきました。