「美食倶楽部@プラトンキッチンみえ」キックオフ

ニカイにも来て下さるプラトンホテルさん。
推進中の”食材の上流にさかのぼる”プロジェクトの一環として美食倶楽部を立ち上げ、ニカイメンバーが取材に潜入してきました。

美食倶楽部とは、世界一美食の街スペインバスク地方にある会員制の食堂。

この日は生産者さんたちが持ってきた食材から、メニューを考え料理するスタイル。

食材の彩りや手触りを楽しみ、料理の香りに包まれ、時々つまみぐいをさせてもらったり、三重県知事も参戦し一緒に調理することで、下関係なく仲良し化する様子が素敵だった。

「美味しい食」とはなにかを見直すべき今の時代。

みんなでつくる場が出来ることによって、食材を五感で楽しむこと、また上流にいる生産者や食文化との繋がりを体感。
顔の見える食卓が加速することで日本の食はもっと豊かになると感じたイベントでした。

なにより普段孤食な分、食卓を囲むってことにジーン。

人と空き家を物語で繋げる。さかさま不動産の挑戦!

ニカイの空間プロデューサーさんが、人と空き家を繋げるクラウドファンディングを始めました。

そもそもニカイも利用されていなかった空間。

それが今や、人と情報が介在し、暮らしがほんのちょっぴり楽しくなるかもしれない場所になりつつあります。

既存の空き家対策とは、まるっとアプローチを変えた実証実験。

どうぞご注目を!

人と空き家を物語で繋げる。さかさま不動産の挑戦!①
https://readyfor.jp/projects/sakasama


「ニカイとは一体何なのか」を考えてみた。

決まっているのは、部室的な空間ということだけ。
あとは関わる人たちとあーだこーだ揉む。

この日は壁の裏鉄板を初活用。

アウトプットを共有できると話し合いの効率も上がるし、書き心地はホワイトボード超え(な気がする)

時々ペンが引っかかるのは、塗料をぬった時にくっついた「ハケの毛」らしい。
「ハレとケ」みたいでそれはそれでよい。