一緒に良い報道をつくる

さかさま不動産について、同日に4誌の公開がありました。

そしてさかさまを通してマッチングした方から
「さかさま不動産の本当の良さはサービスを体験した人しか理解できない」と声も。
その方は、さかさま不動産の考え方を自分の活動にも応用できているとのこと。嬉しい。

PRとは「世の中を舞台にした情報戦略」であり「情報を社会に増幅させる企て」
とPRの第一人者本田哲也さんが新作著書で書かれていましたが、くぅぅ!となります。
(「戦略PR 世の中を動かす新しい6つの法則」とても面白かったです)

露出はあくまでも手段。
メディアと共犯関係になりながら、誰に・何を伝え・どうなってほしいのかを考え、社会視点で自社を整理する機会。そういう意味では機会が多い方が良い!

先日PRのクライアントさんが、TV取材の場を社内リレーションに活用される光景も嬉しかった。
さかさま不動産については、LINE相談もできるようになりましたのでご報告です。
https://lin.ee/NbMIhFX

◆中部経済新聞:「さかさま不動産」運営のおんこ 空き家貸し手募集好調 借り手の思いに共感続々 https://news.yahoo.co.jp/articles/de9beb9e4805b79ea18ce194d6775a9f720cd1fb?fbclid=IwAR0WMxmdviCQ3G3BtTlBYWxwBGT9pZ6Gh_0a7RsT8HCVyU_y95fvvL_oecs

◆中日新聞:レトロ大門横丁に懐かし駄菓子店 名駅西・11月開店
https://www.chunichi.co.jp/article/346665

◆みんなの経済新聞:名古屋・大門横丁に子どもも大人も集まれる「まちの駄菓子店」 空き家物件を改修 https://news.yahoo.co.jp/articles/0fd43ce5f828c48ea5b3ce5338e80f4b45e0ba64?fbclid=IwAR2FnX2vwa-_jEavueh_zb7T2je3vDtp231PWBsLwTBCfgWdsOnZaMdwWF8

◆かながわ住まいまちづくり協会がお届けする総合住情報[住まいとまちづくり]
http://www.machikyo.or.jp/kaihou/kaihou_39.pdf?fbclid=IwAR33rcv8k7EqYDOV-P9y7BvDez4PlWLzx4J6-oTxjmElEVR9cefOw2zlatY

On-Coが改築に入らせて頂いている駄菓子屋さん 掲載ほやほやの新聞は、元々敷かれていた昭和40年代のものにブレンドされました。

報道番組キャッチにて、漁に出ない丘漁師組合

最近若い人たちと関わるなかで、持続可能なことにファッショナブルに取り組んでるなと感じます。
なんというか自然。

そんな流れの中、課題をエンタメ的に投げかけるOn-Coの「丘漁師組合」はトレンディだなと視ています。

今回事象が起きたのは、世界各地に広がるクリエイティブコミュニティ「FabCafe Nagoya」

「魚=扱いづらい」という抵抗を持っていたカフェ側ですが、丘漁師組合は、カフェ・漁師双方の事情を聞きながら、小さなステップで擦り合わせを進めました。

そして最終的には、カフェ側が主体的かつ高い熱量で、語りたくなるような環境へ。

丘漁師組合の狙いは、アクションを起こすきっかけづくりです。

今後も丘漁師組合に触れた人たちが、どんなアクションを起こして、どのような物語(事象)を紡ぐのか、追いかけていきたいと思います。

丘漁師組合×FabCafe Nagoyaの取組みについては、本日10/8に中京テレビ「キャッチ」にて、18時25分過ぎから放送されます。
よかったらご覧くださいませです。

取組みの詳細はこちらです。
https://www.value-press.com/pressrelease/280826

明朝の東海テレビ報道番組「スイッチ」で、さかさま不動産を紹介いただきます。

きっかけは、名古屋市政記者クラブへ郵送したプレスリリース。

指定された撮影日程が直近だったため、諸事情で急遽、枠が開いたのかしらと想像。
(最近この流れで「困った!面白いこと情報ある?」って相談多い)

今回は尺が短めの為、メディアさんにはインタビューする方々の本質的な魅力を事前にお伝え。
改めて深く濃ゆく取材してもらう可能性を広げた上で、撮影のご協力&段取りを進めました。
(ご協力いただいた皆様ありがとうございます)

メディアさんからのタイトな依頼にも、「ベストなシーンの提案は何かな?」と共犯関係に立ち、スピーディに対応できるPR体制があると、信頼関係が築きやすいと感じています♪

ということで明日8/25 9:55頃のスイッチ。よろしければご覧くださいませ。

さかさま不動産で8軒目のマッチングが生まれました。

成約したのは、名古屋市の大門横丁にて、みんなの居場所になる「駄菓子屋」を目指すグラフィックデザイナーさん。

大門横丁とは、50m程ある築75年の木造長屋。
所有者不明土地&空き家化が進む横丁を「なんとかしたい!」と地図を片手に持ち主調査から開始。

その執念も展開も運命的で鳥肌が…。

お話を聞くうちに段々と家が擬人化されてきて、頭の中には大好きな絵本「ちいさいおうち」が浮かびました。

おうちさん(仮)が「気付いて!!」と長年願い続け、その想いにグラフィックデザイナーがインスパイアされたのかな…みたいな。
巡りあわせについては、こちらをご覧ください。
https://sakasama-fudosan.com/information/

また今朝の朝日新聞でも、実際どんな案件が動いたか紹介頂いています。

さかさま不動産開始から1年ちょっと。

支えて頂いてい入る方々への感謝と事象報告を、9/23(不動産の日)に行う予定です。
詳細決まりましたらご連絡いたします。

▼朝日新聞:物件探しじゃなくて借り主捜し 夢追うさかさま不動産
https://www.asahi.com/articles/ASP8P76G6P8NONFB00R.html?iref=pc_photo_gallery_bottom

greensに紹介されました

図書館でおじいちゃま達をナンパしていた頃から、ニカイができた頃の話を昨春に本にしていただき、今月改めてgreensから記事が配信されました(著・藤本 遼

2年前のインタビューな分、やっていることも考えていることも変わっていますが、「お話うかがいたい!」と思った方をナンパする重要性は、より一層感じている最近です。

やっと見つけたコインランドリーの裏口。秘密の扉を開け、階段を登った先にある小さな空間「ニカイ」って? #場づくりという冒険
https://greenz.jp/2021/08/02/nikai/?fbclid=IwAR1WiQ9tdcC0qXqp5AfI1O9Szkeh1I0dd9tBkBpQGWRqi2WXHeNxIzJU9tc